Site Tools


Rhino 4ラボ

Summary: Rhinoラボは、実験開発中のRhinoのためのソフトウェアです。このページには、一部の日本語の説明を載せています。これらのソフトウェアは無償でお試し頂けます。詳細、この他の情報、最新の情報(英語)については、こちら をご覧ください。(Rhinoラボの情報は頻繁に更新されています。)

ご注意: ここでダウンロードできるソフトウェアは、試行的なものです。これらは十分テストされていません。これらのソフトウェアによって不安定さやデータの破損が引き起こされる可能性があることにご留意ください。データを頻繁に保存されることをお勧めします。

ご注意: ラボのプラグインをお試し頂く前に、最新のMicrosoftランタイムライブラリをダウンロード し、インストールしてください。



Grasshopper

gh_squarebanner.jpgGrasshopper™は、生成アルゴリズム(ジェネレーティブアルゴリズム)を使って新しい形状を生み出したいデザイナーのための、Rhino™の3Dモデリングツールと統合したRhino™で動作するグラフィカルアルゴリズムエディタプラグインです。Rhinoスクリプト(RhinoScript) とは異なり、 Grasshopperを使えばプログラミングやスクリプトの知識がなくてもユニークな形状の生成ができます。

PanelingTools

NURBSサーフェスやポリサーフェスのパネリングプラグインです。

VisualARQ

varq_imagen11.jpg varq_imagen9.jpgVisualARQは、設計図作成、編集のためのRhinoのプラグインです。壁、支柱、戸、窓、屋根、階段、その他のパラメトリック3Dオブジェクトを追加し、2Dドキュメンテーションを作成することができます。

Brazil レンダリングシステム

Brazil r/sは、3ds Max用に開発されたハイエンドなレンダリングアプリケーションです。このBrazil r/sがRhinoのプラグインとして開発されました。GIソリューション、モーションブラー、被写界深度、シェーダ階層、フォトンマップ、ライトアテニュエーションとディケイ、サブサーフェイススキャタリング、ぼやけた反射屈折、リアルなカメラ投影、その他多くの機能が搭載されています。
ja/labs/home.txt · Last modified: 2014/06/26 (external edit)