Site Tools


Rhinoの認定と試験

認定Rhinoスペシャリストを目指しておられる方のために、弊社ではエキスパートと教員を対象にした認定を行っています。

この認定は北米および全ての地域が対象です。

認定はRhinoソフトウェアと3Dビジュアライゼーションの知識や能力を証明する方法になります。 一般的に、認定試験に出題される内容(Rhinoのスキル)に精通しているとより高度なスキルに発展させることができ、より高度な概念の理解につながって3Dビジュアライゼーションの知識を引き続き高めることができます。

認定ユーザー試験はオンラインでランダムに出題され、制限時間内であればノートを見ても良いセルフテストで、結果はコンピューターによる自動採点になります。

認定を受ける理由

  • Rhinoの認定は多くの雇用者に役立っています。
  • 認定書は試験合格後すぐにメール送信されます。
  • 履歴書やポートフォリオに認定書を加えることで、Rhinoの専門知識があることを示せます。
  • 認定ユーザーはRhinoの専門知識で評価されます。

認定Rhinoスペシャリスト

認定Rhinoスペシャリストの証明に関するお問い合わせは、Mary Ann Fugierまでメールでどうぞ。

認定試験

認定試験はRhinoソフトウェアの知識と能力を計ります。企業の担当者による管理下での実施、あるいは試験監督なしで自己評価する形でご利用いただけます。

Rhinoのスキルを確認できる認証の情報

教育機関向けの認定

教育機関向け試験の詳細については Academic Testing Details をご覧ください。

Rhino認定レベル1およびレベル2の教育機関向け試験は公的に認可されている教育機関(幼稚園、小学校、中学、高校、短大、大学)に在籍中の学生/生徒が対象で、アカデミックRhinoプロクターの監督下で行われます。教員としてお勤めの認可教育機関で学生/生徒向けの試験を提供したいとお考えの方は、どうぞ アカデミックRhinoプロクター(教育機関のRhino試験監督) のサイトをご覧ください。

アカデミックRhinoプロクターの方へ: 教育機関向けのRhinoceros認定試験は複数のセクションで提供していますので、1時間の試験ブロックに分けて行うことができます。

ja/rhino/certified_test.txt · Last modified: 2020/07/21 by mmatsuo