Site Tools


Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

Both sides previous revision Previous revision
ja:rhino:certified_test [2020/01/14]
mmatsuo [Rhinoの認定と試験]
ja:rhino:certified_test [2020/07/21] (current)
mmatsuo
Line 1: Line 1:
 ======Rhinoの認定と試験====== ======Rhinoの認定と試験======
-Rhinoの認定スペシャリストを目指されいますか?​  +**認定Rhinoスペシャリスト**を目指おられる方のために、弊社はエキスパートと教員を対象にした認定を行っています。 ​
-弊社はエキスパートと教員の方達向けの認定試験実施しています。+
  
-認定は、Rhinoソフトウェアと3Dビジュアライゼーションの知識と能力を証明する方法です。認定試験出題れる内容(Rhinoのスキル)精通しいると、より高度なスキルに発展させるとができ、より高度な概念の理解につながり、3Dビジュアライゼーションの知識引き続き高めることができます+この認定は**北米および全て地域**が対象です。 
 +  * **EMEA - ヨーロッパ、中東、アフリカ**ついては [[https://​wiki.mcneel.com/​rhino/​certified_specialist_emea|こちらをご覧くだい。]] 
 +  * **中南米地域**ついは[[https://​wiki.mcneel.com/​es/​rhino/​certified_test|ちらご覧ください]]
  
-**認定Rhinoスペシャリス**一覧を [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​rhinocertified#​rhinoceros_5_for_windows_-_level_1_2|こちら]] からご覧ください。+認定Rhinoソフウェアと3Dビジュアライゼーション知識や能力証明する方法になります。 一般的に、認定試験に出題れる内容(Rhinoのスキル)に精通してるとより高度なスキルに発展させることができ、より高度な概念の理解につながって3Dビジュアライゼーションの知識を引き続き高めることができます
  
 +認定ユーザー試験はオンラインでランダムに出題され、制限時間内であればノートを見ても良いセルフテストで、結果はコンピューターによる自動採点になります。 ​
  
-==== 認定試験 ​====+**認定を受ける理由** 
 +  * Rhinoの認定は多くの雇用者に役立っています。 
 +  * 認定書は試験合格後すぐにメール送信されます。 
 +  * 履歴書やポートフォリオに認定書を加えることで、Rhinoの専門知識があることを示せます。 
 +  * 認定ユーザーはRhinoの専門知識で評価されます。
  
-認定試験は、Rhinoのソフウェア知識と能力を測ります。試験は、職場で企業の担当よっ実施される場合と、自己評価目的で試験監督なしで行れる場合があります+===== 認定Rhinoスペシャリスト ===== 
 +  * [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​rhinocertified|公式リスト - 北米地域]] 
 +  * そ地域ついはお近く認定試験管理者へお問い合せください
  
-== 認定試験詳細 ==+//**認定Rhinoスペシャリスト**証明に関するお問い合わせは、[[mary@mcneel.com|Mary Ann Fugier]]までメールでどうぞ。//​
  
-  * [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​level1_test|Rhino レベル1 スペシャリスト - レベル1 認定試験]]{{ :​rhino:​certificate_prof.png?​250|}} +==========================
-  * [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​level2_test|Rhino レベル2 スペシャリスト - レベル2 認定試験]]+
  
-----+==== 認定試験 ====
  
-====教育機関向けの認定==== +認定試験はRhinoソフトウェア知識と能力を計ります。企業担当者による管理下での実施、あるいは試験監督なしで自己評価する形で利用いたけます
-{{ :​rhino:​certificate.png?​250|}} +
-正式認可の学校(小学校、中学校、高等学校、大学)の在学生の方向けに、 **Rhino 認定 レベル1およびレベル2教育機関向けの認定試験** を受験していただくこが可す。 +
-教育機関向け認定試験は、**[[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​acad-proctor|アカデミックRhinoプロクター(教育機関のRhinoの試験監督)]]** ​によって行われます。正式認可の学校の教員の方、学生向け試験を実施された場合、 [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​acad-proctor|アカデミックRhinoプロクター(教育機関のRhinoの試験監督)]] のページを覧くさい+
  
-アカデミックRhinoプロクター方へ: Rhino 5 教育機関向け定試験は、試験時間が1時間になように、セクションを分けて提供しています。+== Rhinoのスキルを確でき認証の情報 ==
  
-  * [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/rhino/level1_test_academic|Rhino ​レベル1 認定試験]] +  * [[https://​wiki.mcneel.com/​jp/rhino/level1_test|Rhino レベル1 スペシャリスト - Level 1 認定試験]]{{ :​rhino:​certificate_prof.png?​250|}} 
-  * [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​level2_test_academic|Rhino ​レベル2 認定試験]]+  * [[http://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​level2_test|Rhino レベル2 スペシャリスト - Level 2 認定試験]]
  
  
 ---- ----
  
 +====教育機関向けの認定====
 +教育機関向け試験の詳細については [[https://​docs.google.com/​document/​d/​e/​2PACX-1vT3_UViYrxZcVoux9Jo_Lk6HqNwUa4ZDYYcIgAoRhait-M2fXwo5RjEKDYiL5YkJSVI9px68MbDQKzI/​pub|Academic Testing Details]] をご覧ください。
 +
 +{{ :​rhino:​certificate.png?​250|}}
 +**Rhino認定レベル1およびレベル2の教育機関向け試験**は公的に認可されている教育機関(幼稚園、小学校、中学、高校、短大、大学)に在籍中の学生/​生徒が対象で、**[[http://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​acad-proctor|アカデミックRhinoプロクター]]**の監督下で行われます。教員としてお勤めの認可教育機関で学生/​生徒向けの試験を提供したいとお考えの方は、どうぞ [[http://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​acad-proctor|アカデミックRhinoプロクター(教育機関のRhino試験監督)]] のサイトをご覧ください。
 +
 +アカデミックRhinoプロクターの方へ:​ 教育機関向けのRhinoceros認定試験は複数のセクションで提供していますので、1時間の試験ブロックに分けて行うことができます。
 +
 +  * [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​level1_test_academic|Rhinocerosレベル1 認定試験]]
 +  * [[https://​wiki.mcneel.com/​ja/​rhino/​level2_test_academic|Rhinocerosレベル2 認定試験]]
  
ja/rhino/certified_test.txt · Last modified: 2020/07/21 by mmatsuo