Site Tools


RhinoのライセンスをCloud Zooを使用するように変更する

コンピュータ上のスタンドアロンライセンスをRhino Accountsでライセンス認証するように変更するには:

1. スタンドアロンのライセンスバリデーションを返却:

  1. Rhinoを起動します。
  2. ツールプルダウン > オプション > ライセンスを選択し、「ライセンスを変更」をクリックします。
  3. ダイアログ左下の「ライセンスを削除」をクリックします。

(ライセンスがZooサーバーにある場合、Zooのadminコンソールでそれを選択し、Deleteキーを押します。)

2. Cloud Zooにライセンスを追加:

  1. 「[あなたの名前]としてログイン」をクリックします。
  2. 個人のライセンスが何もないというメッセージが表示されます。
  3. 「ライセンスを追加」をクリックします。
  4. インターネットブラウザが起動され、ウェブページに手順が表示されます。
  5. 「ライセンスを追加ページを開く」をクリックします。
  6. ライセンスの種類のドロップダウンから「Windows版Rhino 6」を選択します。
  7. Rhino 6のライセンスキーを入力し、「ライセンスを追加」をクリックします。

3. Cloud Zooを使ってRhinoを起動:

  1. ライセンス検証ダイアログで「再度実行」をクリックします。
  2. RhinoがCloud Zooのライセンスを使用して起動します。

Rhinoを別のコンピュータから使う

  1. Rhinoを別のコンピュータで起動します。
  2. 自分のRhinoアカウントにログインします。
ja/rhino/6/change-license.txt · Last modified: 2018/02/09 by luna