Site Tools


Rhino4Setup.iniの編集

Summary: Rhino 4.0の自動展開を実行するパラメータの提供方法

自動インストールのためにRhino 4.0セットアップを行う.INIファイルの編集方法

このページの下に、ActiveDirectoryまたはSMSから、あるいはバッチスクリプトを通してRhino 4.0をインストールする際に使われる、Rhino4Setup.INIファイルのリテラルの内容を表示しています。Rhinoのインストールオプション をご覧ください。

Rhino4Setup.ini またはRhino 4.0 CDのRhinocerosフォルダから、ファイルの新しいコピーを取得する必要があります。

この.INIファイルをメモ帳などのテキスト編集ソフトで編集してください。

大文字で始まる部分はRhinoインストーラが認識する特別なキーワード(MSIのプロパティ)です。このうち1つをインストーラ(MSI)に供給するには、ラインの始めにある#記号を削除し、等号(=)右側の内容を適切に設定してください。ファイルをこのページ下の表示通りに使用される場合、インストールに影響するパラメータは“INSTALL_EN=1” と“RMA_CDKEY=“だけです。

パラメータ

AUTOINSTALL=1 - インストーラが質問やダイアログを表示しないで自動的に実行することを表します。これがない場合、ダイアログは表示されますが、他のパラメータで指定された通りに入力されています。

FOLDER=“C:\Program Files\Rhinoceros 4.0” - インストールされるフォルダを指定し、どの場所にされても構いません。パスにスペースが含まれている場合、引用符で囲まれている必要があります。

RMA_CDKEY=AAAA-BBBB-CCCC-DDDD-EEEE - インストールに必要なCD-Keyを提供します。スタンドアロンノードとしてのインストールにご使用ください。CD-Keyはダッシュ記号なしで入力しても、最初のRH40- を入れても入れなくても構いません。

INSTALL_EN=1 - 英語のサポートをインストールする –英語でのRhino実行をサポートし、英語のヘルプ、チュートリアル、サンプルファイルなどを含みます。

オプションのパラメータ:

WORKGROUP_NODE=1 - 開始の都度Zooのライセンスマネージャ(www.rhino3d.com/zoo.htm)からRhinoの CDKeyを取得させたい場合、RMA_CDKEYエントリの代わりとなります。

USERNAME=“Rodney Dangerfield”

COMPANYNAME=“Universal Pictures”

INSTALL_XX=1 - XXの言語のサポートをインストールします。

   #############################################################
   # Configuration file for installation of Rhino 4.0.
   # Text following a pound sign (#) on a line are ignored when this file is read.
   #
   # Empty values are also ignored.
   #
   # For details on using this file, please visit
   # [[rhino:installingrhino|InstallingRhino]]
   #
   #
   #############################################################
   # AUTOINSTALL = 0 # Interactive installation (default)
   # AUTOINSTALL = 1 # Silent Installation
   #############################################################
   #Installation directory:  (default is C:\Program Files\Rhinoceros 4.0)
   # FOLDER = C:\Program Files\Rhinoceros 4.0
   #############################################################
   # License Details:
   # WORKGROUP_NODE=1     # Install so Rhino uses Zoo license manager
   # WORKGROUP_NODE=0     # Install as stand-alone node. RMA_CDKEY is required.
   RMA_CDKEY=#XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX # Your CD-Key
   #############################################################
   #User and company information:   (default is information from Windows)
   # USERNAME=Joe Smith
   # COMPANYNAME=Acme Construction, Inc.
   #############################################################
   # Language Support:
   # Uncomment one or more of the following lines
   # to install language support for the language.
   #English:
    INSTALL_EN = 1   # Install English Language support
   # INSTALL_EN = 0  # Do NOT Install English Language support
   #French:
   # INSTALL_FR = 1   # Install French Language support
   # INSTALL_FR = 0  # Do NOT Install French Language support
   #Spanish:
   # INSTALL_ES = 1   # Install Spanish Language support
   # INSTALL_ES = 0  # Do NOT Install Spanish Language support
   #Italian:
   # INSTALL_IT = 1   # Install Italian Language support
   # INSTALL_IT = 0  # Do NOT Install Italian Language support
   #German:
   # INSTALL_DE = 1   # Install German Language support
   # INSTALL_DE = 0  # Do NOT Install German Language support
   #Czech:
   # INSTALL_CS = 1   # Install Czech Language support
   # INSTALL_CS = 0  # Do NOT Install Czech Language support
   #Polish:
   # INSTALL_PL = 1   # Install Polish Language support
   # INSTALL_PL = 0  # Do NOT Install Polish Language support
   #Simplified Chinese:
   # INSTALL_CN = 1   # Install Simplified Chinese Language support
   # INSTALL_CN = 0  # Do NOT Install Simplified Chinese Language support
   #Traditional Chinese:
   # INSTALL_TW = 1   # Install Traditional Chinese Language support
   # INSTALL_TW = 0  # Do NOT Install Traditional Chinese Language support
   #Korean
   # INSTALL_KO = 1   # Install Korean Language support
   # INSTALL_KO = 0  # Do NOT Install Korean Language support
   #Japanese
   # INSTALL_JA = 1   # Install Japanese Language support
   # INSTALL_JA = 0  # Do NOT Install Japanese Language support
ja/rhino/automatedinstalls.txt · Last modified: 2015/09/14 (external edit)