Site Tools


学習ガイド

Rhino 5 レベル2 認定試験

Rhino 5 レベル2 認定試験 - 詳細に戻る

Rhino 5 レベル1 認定試験を受ける前に、次のトピックと概念を復習してください。 これらのトピックの参考資料は、 Rhino 5 レベル2 トレーニングガイド および Rhino 5ヘルプ です。

  • Rhino レベル2 コースを受けていただくこともできます。スケジュールは こちら をご覧ください。下の学習ガイドもご覧ください。
  • テストについて、または内容についてのご質問は、Mary Fugier mary@mcneel.com までメールでご連絡ください

ユーザーインターフェイスの基本:

  • 画面表示
  • キーボード
  • エイリアス

次の項目の知識:

  • ツールバーとツールバーコレクションのカスタマイズ
  • 簡単なマクロの作成
  • 高度なオブジェクトスナップの使用
  • オブジェクトスナップでの距離と角度拘束の使用
  • 制御点編集を用いた、サーフェス生成に使用する曲線の作成と編集
  • 曲率表示を使った曲線の評価
  • サーフェスを作成するためのさまざまな方法
  • サーフェスと曲線の再構築
  • サーフェスの曲率連続のコントロール
  • ユーザー定義の作業平面の作成、操作、保存、呼び出し
  • ユーザー定義の業平面を使ったサーフェスの作成
  • オブジェクトのグループ化、グループ解除
  • シェーディング機能を利用したモデルの表示、評価、解析
  • オブジェクトの周囲、またはサーフェス上へのテキストの配置
  • サーフェスへの平面曲線の配置
  • 2次元図面やスキャンしたイメージからの3次元モデルの作成
  • インポートしたファイルの整理と整理したファイルのエクスポート
  • ビルトインレンダリングツールの使用
ja/rhino/level2_study_guide.txt · Last modified: 2017/04/27 by luna