Site Tools


コマンドリスト

Summary: Rhinoのそれぞれのコマンドについて情報を交換するページです。このコマンドはこのような時に便利です、このコマンドはこんなことにも使えます、など、他の方と共有したい情報をどうぞ載せていってください。このページは作成中です。

123 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ

123

[3DFace]

1つの3Dポリゴンメッシュ面を作成します。

[3View]

ビューポートレイアウトをTop、Perspective、Frontの標準の3ビューポートレイアウトに設定します。

[4View]

ビューポートレイアウトをTop、Perspective、Right、Frontの標準の4ビューポートレイアウトに設定します。

A

[AddNextU]

正のU方向の制御点を、既に選択されている制御点の選択セットに追加します。

[AddNextV]

正のV方向の制御点を、既に選択されている制御点の選択セットに追加します。

[AddPrevU]

負のU方向の制御点を、既に選択されている制御点の選択セットに追加します。

[AddPrevV]

負のV方向の制御点を、既に選択されている制御点の選択セットに追加します。

[AddToGroup]

オブジェクトを選択したグループに追加します。

[AdvancedDisplay]

シェーディングビューポートのカスタム設定ができます。

[Alerter]

オプションダイアログボックスのアラートページを開きます。

[Align]

オブジェクトをそのバウンディングボックスを基準に、上、水平中心、左、右、上、または垂直中心で整列します。

[AlignMeshVertices]

指定距離内のメッシュ頂点を同じ位置に合わせます。

[AlignProfiles]

バウンディングボックスを基準に、1つの曲線を別の曲線に合わせて、整列、長さを調整します。

[AltRebuild]

曲線のリビルドをインタラクティブに行います。制御点を不均等な間隔で配置することで、元の曲線になるべく近づけることができます。

[Angle]

2つの線の間の角度を測定して表示します。

ja/rhino/commandlist.txt · Last modified: 2015/09/14 (external edit)