Site Tools


エラー1603

概要: エラー1603を解決する方法
関連するインストールについての問題の情報: Rhino 5のインストールのトラブルシューティング

問題

非常に様々な問題が1603のエラーを引き起こします。下のすべての手順に従ってください。

解決方法

手順1: .NET 4.0 Frameworkをインストールする

  1. Windowsエクスプローラを開いて、RhinoインストーラーのDVDを開きます。
  2. Installers\Prerequisitesフォルダを開きます。
  3. dotNetFx40_Full_x86_x64.exeを実行します。
  4. Microsoft .NETインストーラがエラーを表示した場合は次の操作を行ってください。
    1. エラーを書き留めます。
    2. 手順2に進みます
  5. 64ビットのWindows XPのみ:
    1. Windows Installer 4.5 Redistributableをダウンロード、インストールしてください。
  6. 手順3に進みます


手順2: Windowsの更新を行う

  1. Windows Updateサービスを実行します。
  2. インストールできる重要な更新がある場合、今すぐ更新をクリックし、更新をインストールします。このプロセスは時間がかかる場合があります。
  3. Windows Updateを実行した際にエラーが発生する場合は、一般的なWindows Updateの問題のトラブルシューティングをご覧ください。
  4. Windows Updateの問題を解決し、 Windows Updateサービスを実行し終わったら、手順1に戻ってください。


手順3: Rhinoをインストールする

  1. Windowsエクスプローラを開きます。
  2. Rhino 5のDVDを開きます。
  3. Setup.exeをダブルクリックして、Rhino 5のインストールプロセスを開始します。
  4. Rhino 5のインストールが失敗した場合、デスクトップニログファイルのコピーを保存してください。
  5. 手順4に進みます。


手順4: 手動インストール

  1. Windowsエクスプローラを開きます。
  2. Rhino 5のDVDのInstallersフォルダを開きます。
  3. 64ビットシステムのみ: rhino5setup_en-us_x64.msiをダブルクリックしてインストールを完了させます。
  4. すべてのシステム:
    1. rhino5setup_en-us_x86.msiをダブルクリックしてインストールを完了させます。
    2. LanguagePack_ja-jp.msi(そしてインストールしたい他の言語)
    3. HelpMedia.msiをダブルクリックします。
  5. インストールの際にエラーが発生する場合:
    1. 表示されるエラー番号とメッセージをすべて書き留めます。
    2. この記事のどの手順を行っていたかと、エラーの詳細をtech@mcneel.comにお送りください。
  6. Windowsを再起動するように指示が表示された場合は、再起動します。
  7. Rhino 5を起動します。
  8. Rhino 5のコマンドラインで、ToolbarResetとタイプし、Enterキーを押します。
  9. Rhino 5を閉じます。
  10. Rhino 5を起動します。
  11. インストールが完了しました!


インストールがまだ行えない場合

  1. 手順3からのログファイルすべてをtech@mcneel.comにメールでお送りください。
ja/rhino/error1603.txt · Last modified: 2015/09/14 (external edit)