Site Tools


Rhino 7 のインストールを自動化する

Rhino 7 は単一実行ファイルのインストーラーからインストールし、完全な自動化が可能です。

setup.exe [アクション] [オプション] [パラメーター]

メモ: 上記の “setup.exe” は実行するRhinoインストーラーファイル(例: [rhino_ja-jp_7.#…exe])のプレースホルダーです。

オフラインインストール:

クライアントコンピューターにインターネットアクセスがない環境で展開する場合は、 こちらのオフラインでのインストール手順に従ってから展開してください。

コマンドラインのオプション:

アクション 内容
-package (デフォルト)インストール
-uninstall アンインストール
-repair 修復(またはインストールされていない場合のインストール
-layout オフラインインストール用ブートストラップのローカルイメージを作成
オプション 内容
-quiet ユーザーインターフェイスなしのアクションを実行
再起動が必要な場合、システムはプロンプトなしで再起動します
-passive プログレスバー インターフェイスでアクションを実行
-norestart 全ての再起動を抑制
-promptrestart (デフォルト)再起動が必要な場合はプロンプトを表示
パラメーター 内容
パラメーターは全てオプションです
LICENSE_METHOD 次のいずれか: STANDALONE、ZOO(Cloud Zoo の場合は空欄)
LICENSE_KEY インストールするライセンスキー(LICENSE_METHOD=STANDALONE の場合は必須
LICENSE_VALIDATION_CODE お持ちのRhinoライセンスのバリデーションコード
ZOO_SERVER 照会するZooサーバーのIPまたはFQDN
INSTALLDIR Rhinoをインストールするフォルダーへの完全なパス
CUSTOMER_NAME スプラッシュ画面に表示させるユーザー名
COMPANY_NAME スプラッシュ画面に表示させる会社名
SEND_STATISTICS 1 = インストールの統計情報を匿名でMcNeelへ送信(デフォルト)
0 = 送信しない
ENABLE_AUTOMATIC_UPDATES (Rhino 6.15 で追加) 1 = インストーラーに更新確認およびダウンロードを許可。
0 = 自動更新および使用状況の統計の送信を許可しない
DISABLE_INTERNET_ACCESS (Rhino 6.15 で追加) 1 = インストーラー、Rhino、McNeelアップデートで全てのインターネットアクセスを無効に。これは自動更新の検出やダウンロード、使用状況の統計の匿名送信、オンラインヘルプ、スプラッシュスクリーンで表示するニュースとヒント、 レンダリングテクスチャのダウンロード、Cloud Zoo へのアクセス、インターネットへの接続を試みるその他の機能を含め、Rhinoのインターネットアクセスを全て無効にします。
0(デフォルト)= 全てのインターネットアクセスを許可

言語のオプション

インストールする言語は1、インストールしない言語は0に設定します。 ダウンロードしたインストーラーの言語は、0に設定しない限りデフォルトでインストールされます。もしフランス語のインストーラーをダウンロードし、INSTALL_EN=1 のみで実行した場合、英語とフランス語の両方がインストールされます。

言語のパラメーター 内容
INSTALL_EN 英語
INSTALL_CN 簡体字中国語
INSTALL_CS チェコ語
INSTALL_DE ドイツ語
INSTALL_ES スペイン語
INSTALL_FR フランス語
INSTALL_IT イタリア語
INSTALL_JA 日本語
INSTALL_KO 韓国語
INSTALL_PL ポーランド語
INSTALL_PT ポルトガル語
INSTALL_RU ロシア語
INSTALL_TW 繁体字中国語

rhino_en-us_7.#.#####.#####.exe -package -passive LICENSE_METHOD=ZOO ZOO_SERVER=10.0.0.1 INSTALL_FR=1 INSTALL_DE=1
ja/rhino/installingrhino/7.txt · Last modified: 2020/11/01 by mmatsuo