Site Tools


WindowsファイアウォールでTCPポート80を開く

製品: Zoo
要約: WindowsファイアウォールでTCPポート80を開く方法の紹介

概要

ZooはTCPポート80(HTTP)を経由してRhinoクライアントと通信します。

Zooをインストールした後、Zooサーバーシステムで実行中のファイアウォールソフトで送受信とも通信できるよう、TCPポート80が開かれていることを確認する必要があります。

メモ - ほとんどのファイアウォールソフトはデフォルトでTCPポート80が開かれて送信できるようになっているため、Rhinoワークステーションで実行中のファイアウォールソフトでポートを開く必要はないでしょう。

ステップ

以下の手順は(Windowsに含まれている)WindowsファイアウォールソフトでTCPポート80を開く方法です。他のファイアウォールをお使いの方はそちらのドキュメントをご覧ください。

重要: プログラムまたはサービスのみにポートの受信および送信トラフィックを開くのは適切ではありません。下のステップ6にある指示通り、ポートの規則を作成しなければ機能しません

1. Windowsスタートメニューから、コントロールパネルを開きます。

2. Windowsファイアウォールを開きます。

3. Windowsファイアウォールのウィンドウ左側にある 詳細設定を選択します。

4. セキュリティが強化されたWindowsファイアウォールのウィンドウ左側にある受信の規則を選択します。

5. 右側にある新しい規則を選択します。

6. 新規の受信の規則ウィザードでポートを選び、次へをクリックします。メモ - プログラムの規則ではなく、ポートの規則を作成してください。

7. この規則が適用されるプロトコルでTCPを選び、特定のローカルポートを選んでポート番号80を入力し、次へをクリックします。

8. 接続を許可するを選んで次へをクリックします。

9. この規則をいつ適用するかを選び(ポートが常に開いているよう、全てにチェック)、次へをクリックします。

10. この規則に名前を付け、完了をクリックして新しい規則を追加します。

これでTCPポート80が開いた状態になり、使えるようになりました。


ja/zoo/window7firewall.txt · Last modified: 2015/11/03 by mmatsuo