Site Tools


Zoo 5.0 ウィキ

要約: Zoo 5.0ライセンスマネージャに関する情報およびトラブルシューティング

はじめに

  1. Zoo 5.0をWindowsベースのサーバーまたはワークステーションにダウンロード、インストールします。
  2. そのサーバーまたはワークステーションで実行中の、どのファイアウォールソフトでもTCPポート 80が開かれていることを確認してください。
  3. ZooAdminを起動し、 Rhino 5のCD-Keyを追加します。
  4. Rhino 5をインストールします。この時ライセンスの種類はネットワークノードを選択し、Zooサーバーのホスト名またはIPアドレスを指定してください。
  5. 既にRhino 5がインストールされている場合はRhinoを起動し、ツール → オプション → ライセンスをピックしてください。Rhinoのライセンスを選択し、変換をクリックします。その後Rhinoを終了、再起動し、起動時にライセンスの種類はネットワークノードを選択して、Zooサーバーのホスト名またはIPアドレスを指定してください。

制限

現在、Rhino 4、Flamingo、Penguin、Brazil、BongoはZoo 5.0でサポートされていません。これらの製品のいずれかをお持ちの方は、Zoo 4.0をお使い頂く必要があります。

ヘルプ

その他の情報

開発状況

ja/zoo/zoo5.txt · Last modified: 2015/09/14 (external edit)