Site Tools


ライセンスマネージャー - Rhino 5 SR6のアップデート

製品: Zoo 5
要約: サービスリリース6でのRhino 5とZoo 5の変更についての説明

概要

Rhino 5のリリースに伴い、ネットワークライセンスマネージャー、 Zoo 5の新しく向上したバージョンもリリースされました。

Bongo、Brazil、Flamingo、Penguinはサービスリリース6(SR6)の前のZoo 5をサポートしません。

Rhino 5 SR6Zoo 5 SR6をインストールすることで、1つのZoo 5サーバー を使って以下の製品ライセンスをフローティングさせることができるようになります。

  • Bongo 2.0
  • Brazil 2.0
  • Flamingo nXt
  • Penguin 2.0
  • Rhino 5

メモ - 以下の製品はZoo 5 SR6で動作しません

  • Bongo 1.0
  • Flamingo 1.0
  • Flamingo 1.1
  • Flamingo 2.0
  • Penguin 1.0
  • Penguin 1.1
  • Rhino 4.0

詳細

Rhino 5 SR6には新しいライセンスマネージャークライアント(RhinoLM5)が含まれています。これは古いライセンスマネージャークライアント(RhinoLM)を置き換えます。

サポートされているMcNeelプラグイン製品がZooサーバーからライセンスが必要な場合、RhinoLM5はシステムがZoo 5サーバーを使用するよう設定されているかどうかチェックします。設定されている場合、RhinoLM5はZoo 5サーバーからのライセンス取得を試みます。Zoo 5サーバーからライセンスを取得できない場合またはZoo 5サーバーが見つからない場合、RhinoLM5はZoo 4.0サーバーからのライセンス取得を試みます。

テクニカルサポート

RhinoとMcNeelプラグイン製品はZooサーバーとの通信にライセンスマネージャークライアントを使います。

Zoo 4.0サーバーへのアクセスに使っていたライセンスマネージャークライアントのファイル名はRhinoLM.exeで、次のフォルダにインストールされています:

%ProgramFiles(x86)%\Common Files\McNeel Shared\License Manager

Rhino 5 SR6に含まれる新しいライセンスマネージャークライアントの名前はRhinoLM5.exeで、同じフォルダにインストールされています。

古いライセンスマネージャーに戻す必要がある場合、同じフォルダにあるRegRhinoLM4.exeを実行することができます。

新しいライセンスマネージャーを登録し直す場合はRegRhinoLM5.exeを実行してください。例えばRhino 5 SR5をインストールした後にFlamingo nXtをインストールした場合、Flamingo nXtのインストーラーは常に古いライセンスマネージャーを登録するため、RegRhinoLM5.exeを実行する必要があります。


ja/zoo/rhinolm5.txt · Last modified: 2015/09/14 (external edit)