Site Tools


3D印刷に向けた準備

3D印刷やラピッドプロトタイピング(RP)という言葉は、コンピューター制御の機械を使って3Dのコンピューターモデルから物理的なパーツを素早く作成する、様々なプロセスをカバーする用語です。この記事は3D印刷に向けたモデルの準備に焦点を合わせています。(リンク先は原則として英語です。)

ラピッドプロトタイピングについてはこちらをご覧ください: ラピッドプロトタイピング情報


Rhinoを使った3D印刷 - Sculpteo

メッシュを配置し、特異な要素や穴を取り除き、3Dモデルの様々なコンポーネントボディを正しくマージしましょう。3D印刷のためにモデリングするには、いくつかの基本的なルールに従う必要があります。このチュートリアルで3D印刷に向けたモデリングを成功させる、最高の練習内容を学べるでしょう。解析、3Dファイルの修正とエクスポートの方法も紹介されています。

Rhino V5 を使った3D印刷向けファイルの準備 - D2W

この Rhino to STL ガイド(無料)は、D2Wの Bart がRhinoを使って3D印刷可能なデータを作成する方法を説明するために書いたものです。D2W はロンドン中心部で3D印刷、CADデザイン、3Dスキャンのサービスを提供していますが、ワークフローの中で広範囲にわたってRhinoを使用されています。こちらでガイドのPDFをご覧いただけます。

3D印刷とデザインのチュートリアル - Shapeways

こちらで様々な3Dモデリングソフト・ツールを使い、3D印刷可能なモデルを作成し、Shapewaysショップを管理するまでのあらゆる方法をご覧いただけます。

3D印刷に向けた準備 - Kyle Houchens

meshrepairplay.jpgご自身のデザインを印刷するか他の人のモデルを印刷用に準備するかに関わらず、Kyleのテクニックはモデルをできるだけ早く印刷するのに役立つでしょう。9つのパートで広範囲にわたるこのシリーズは、モデルの基本から印刷サービスの選択まで、様々な問題をカバーします。ビデオシリーズを見る

Rhino 5 for Windows 向けの解析、単純化、リビルド - Mary Fugier

3d printingRhinoインストラクターの Mary Fugier が8つのパートに分けて紹介する、3D印刷に向けたパーツ準備とリビルドについてのチュートリアルです。 ビデオシリーズを見る

Rhino for Mac 向けの解析、単純化、リビルド - Mary Fugier

3d printingRhinoインストラクターの Mary Fugier が10のパートに分けて紹介する、3D印刷に向けたパーツの準備とリビルドについてのチュートリアルです。 ビデオシリーズを見る

RhinoからSTLへ -- 実践のベスト

Fathom PrintingRhino CAD モデルからの3D印刷を最高クオリティのものにするためには、 モデリングに影響するパラメーターやSTLファイルの作成に慣れておくことが重要です。 このPDFドキュメントはそれらの主要な要因をカバーしています: 壁の厚み、メッシュの設定、複数のシェル/ネストされたパーツ。Fathom 3D 印刷サービスのエキスパートからの直伝です。

Rhinoでモデルを準備する - Willamette University

Rhinoから3Dパーツを印刷する準備について、Willamette University からの短いインストラクションのセット(PDF)をご覧いただけます。

メッシュに関するFAQ

Mesh SettingsRhinoのカスタムメッシュの設定と利用法についての非常に大切な概要。Rhinoのメッシュ設定を理解することはRhinoを最大限に活用するために重要なことです。

メッシュの理解 - Hydraulic Design

Hydraulic Mesh SettingsRhinoのレンダリングメッシュの設定について、キーコンセプトを面白くまとめたドキュメントです。

3D印刷技術の概要 - RedEye

Redeye3D印刷技術について、RedEyeの親会社であるStratasysが考案した概要です。

ja/rhino/3dprinting.txt · Last modified: 2016/02/16 by mmatsuo