Site Tools


Zoo - ライセンスマネージャー

Zoo - License Manager

Zooはお持ちのライセンスを1ヶ所に保管し、同じネットワークのユーザーとRhinoを共有できるようにします。(概要ビデオ(英語))

New! Zoo 6 は Rhino 5 for Mac をサポートします!

Zooは以下に該当する場合のみ適しています:

  • 互換性のある製品を使用している。メモ: Rhino 4 をお持ちの方は、Zoo 4 が必要です。
  • 所有するライセンス数より利用人数の方が多い。
  • 複数のライセンスを一元管理したい。
  • 複数のコンピューターを使っている個人ではない使用許諾契約書を確認する...

利用するには

Zooの設定

  1. ネットワーク上のWindowsコンピューターから、Zooユーティリティのホストにする1台を選びます。
  2. 選んだコンピューターにZooをダウンロード、インストールします。
  3. ファイアウォールでTCPポート80が開かれていることを確認します。

Rhino for Windows の設定

  1. 既にRhinoがインストールされている場合はRhinoを実行し、ツール → オプション → ライセンスをクリックします。 Rhinoのライセンスを選択し、変換をクリックします。Rhinoを終了、再起動し、起動時にネットワークノードを選択してZooサーバーの名前を指定します。
  2. Rhinoをインストールする場合はネットワークノードを選択し、Zooサーバーの名前を指定します。

Rhino for Mac の設定

  1. 既にRhinoがインストールされている場合はRhinoを実行し、Rhino → 環境設定 → ライセンスをクリックします。次にライセンスキーを変更をクリックし、ネットワークノードを選んでZooサーバーの名前を指定します。
  2. Rhinoをインストールする場合はネットワークノードを選択し、Zooサーバーの名前を指定します。

詳細およびサポート

トラブルシューティング

その他の情報

ja/zoo/home.txt · Last modified: 2016/07/17 by mmatsuo